カメラ

…演技を撮り、練習の資料にしたり保存用記録として編集したりします。
1.
演技をカメラで撮る
・当日リハーサルで各演技の決めシーンをカメラに収める。
・演技の写真は必ずリハーサル中にとっておく。本番のカメラ撮影は厳禁です。
・ビデオのメイキングのように演技だけではなく、練習の様子や控え室の様子、本番後も撮っておきましょう。
・事前に演者がどういうところをカメラに収めてほしいか聞いておくとよいでしょう。
・ここはとらねば嘘だと思う名シーンがあればリクエストがなくとも写真に収めてよい。
・つまりカメラ小僧としての資質が問われる。目指せ≪激写≫
・但し…やりすぎ厳禁
2.
写真を現像する。
・写真を現像して、反省会のときなどに演者、代理の連盟委員に配る。
・現像代は連盟費から出ます。領収書などを忘れずに!

※注意事項
・練習会のときに各演技を見ておき、どこを指定されるか確認しておき、しっかり対応できるようにしておきましょう。
・他のスタッフ、演者の成果はビデオに保存され、カメラの成果は写真に保存される。失敗もしかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.