ビデオ

…演技を撮り、練習の資料にしたり保存用記録として編集したりします。
1.
リハでのビデオ撮影
・当日及び練習会にてビデオカメラで各演技を撮影する。
・希望があれば演者、師匠に映像をみせる。
・演者にどこをどういうふうに撮って欲しいか尋ねておく。
・本番当日はリハーサル中に映りを調整しておきましょう。
2.
本番のビデオ撮影
・記録として残るのはこれだけなので重要です。カメラ前の客席は必要なだけ切ってしまうこと。観客よりカメラ優先で。
・メイキングに使えるような映像をとっておく。(本番前、終演後など)
・絶対この撮り方が面白いという閃きがあれば試してみるも可。但しやりすぎ厳禁。
3.
ダビング、配布
・連盟発表会の映像を編集し、連盟加盟校、その他の団体に配布する。12本ダビングしてください。速やかかつ迅速に作成して持ってくること。

※注意事項
・編集に凝りすぎる必要はありませんが、再生と同時に演技が始まるような明らかな怠慢は避けましょう。
・演者が画面から外れないように演者の動きをよく覚えておきましょう。
・電源確保の基本は延長コードですが、もし出来ない場合はバッテリーをしっかり充電させておきましょう。
・ビデオ撮影を行う前にピントを合わせておかないと最初の演者がぼやけてしまい全く見えなくなってしまうことがあります。要確認。
・メイキングは必ずしも必要ではありませんが、ビデオは記録であると同時に思い出なのであると仕事としてベストです。是非やってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.