会場

…会場整理を担当します。お客様を誘導し、必要な場合は進行を補佐します。

1.
会場のテープ張り
・その発表会でもっとも角度の厳しい演者に舞台にたってもらい、客席の前から数列や前方左右の席を縛って人が座れないようにする。
・会場は、できたら総客席数を確認して受付に報告しておきましょう。

2.
会場整理
・当日会場からお客が入ってくるのを、客席の周辺にお客さまの邪魔にならないよう立ちながら見ている。切った客席に座らないように、また、なるべく真ん中の席に席を詰めて座ってもらうように誘導する。
・スーツを着用すること。
・ステージに子供があがったりする恐れがあるのでいつでも動けるように客席隅に待機する。
・もし火災など、非常時において客を避難させる事態となったら、後部、及び左右のドアを開けて静かに誘導する。落ち着きが重要。消火栓の位置、非常口を確認しておくこと。
・携帯の電源を切るよう呼びかける。

3.
客を動かす
・トークマジックの際、客を誘導してあげる。マイクが必要なときは持っていく。
・休憩時間にはトイレ方向のドアを開けておく。
・開演時間&終演時間、またトイレの位置などはしっかり把握しておき、来場者にいつ質問されても答えられるようにしておく。

※注意
・会場の一番後ろに椅子を置けばより多くの人が座ることが出来ます。(もちろん範囲の中で)
・演技の方ばかり見てしまいがちですが、常に客席にも気を配るようにしましょう。
・客席に鳩が飛んできてしまうこともあるので、そのときには会場整理が捕まえてすみやかに舞台裏に連れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.